本文へスキップ

イラストレーターになりたい

イラストレーターになりたいあなたへ!

あこがれのイラストレーターになるためには何をすればいいのか?
イラストレーターになる方法!!

イラストレーターになりたい


イラストレーターとは、ポスターや挿絵などのイラストを描く仕事です。

グラフィックデザイナーやグラフィッカーを始めとした他のデザイン系の仕事との違いがわかりづらいのですが、イラストレーターの場合は自分で素材を作り上げる必要があります。

少し極端な言い方をすると、イラストレーターの方がよりクリエイティブな要素が高いと言えるでしょう。


かわいい絵を描けばいいってものではありません。

イラストレーターは、自分の世界を追求する画家と違い、クライアントの要求や目的に応じてふさわしい絵を描くのが仕事です。

例えば、一口にイラストと言っても、用途はWEB用から子供雑誌、地方の無料情報誌やチラシのカットまで様々です。

素人レベルどころか子供の落書き程度でも「絵が描ける」という人は重宝されるので、場と値段を選ばなければいくらでも仕事はあります。

ただし、絶対に必要な技術があります。イラストレーターなるには
「要望されたものがすぐ描ける」
「注文に応じてタッチが変えられる」
の二点です。


技術とセンスはあたりまえ。

デザインの知識とコミュニケーション能力が必要なクリエータ、それがプロのイラストレーターなのです。

イラストレーターになるためには、資格や免許などは必要ありません。

基本的にはイラストを描くスキルを持っていれば誰でもなることが出来ます。

ただ、最近はほとんどの場合、パソコンを利用して描くので、フォトショップやイラストレーターといった画像編集ソフトは利用出来た方がいいでしょう。

画像編集ソフトには「GIMP」のように無料で使用出来る高性能のものもあるので、こういったものを利用して勉強してもいいでしょう。

中学生、高校生でイラストレーターになりたいと思っている人の場合は、専門学校やスクールに進む方法と美術系の大学に進む方法があります。

また、美術系とは関係のない学校を卒業後にイラストレーターになる人もいます。

専門学校の場合は、イラストレーターの仕事に特化した授業を受けることができ、仕事に必要とされるスキルを効率よく身につけることが出来ます。

ただ、こういった専門学校は東京や大阪などの都市部に集中しているので、地方に住んでいる人の場合は難しいでしょう。


■学歴・資格

特に必要な学歴・資格はないが、美術系の大学・専門学校で基礎を学ぶ人が多い。
デザイン事務所や広告・出版会社に入社、または有名デザイナーに弟子入りするなどして、スタートする。
最初から会社に属さず個人で活動する人もいる。


■主な職場

デザイン事務所、広告・出版会社、有名デザイナーの個人事務所などで、最初は先輩イラストレーターのアシスタントとして経験を積む。
自分の作品を出版社に直接持って行ったり、コンクールに応募するなどして、自分の仕事を増やしていく。
イラストレーターの仕事だけで十分な収入を得られる人は少ないので、グラフィックデザイナー等の他の仕事を掛け持ちする人が多い。

イラストレーターを学ぶ

 イラスト 講座  

グラフィックソフトウェアの定番である「Illustrator」の基本操作技法を学ぶ講座です。
 かわいいイラストレーター  ユーキャンのラブリーイラスト講座

添削は全部で8回。プロの先生がやさしく丁寧にアドバイスを添えてお戻ししますので、添削課題を出すたびにどんどん上手くなっていきます!








イラストレーターイラストレーター



【PR】
圧力調節鍋 クックレインボー調理時間が短くおいしい料理ができる家族葬 格安シンプルでリーズナブルな葬式・葬儀のサービス坂本式ED改善法ED・勃起不全を完治できるレディースプエラリア女性に不可欠な美しさを引き出してくれるプエラリアナースではたらこ看護士の転職支援サービス専門サイトです

イラストレーター

ナビゲーション